ポケモンサン・ムーン、厳選はどうしたらいい?厳選=リセマラ

      2017/05/16

ポケモンの厳選、ポケモンについて、あまり詳しくない人は、なにやらむつかしい言葉が出てきたなと思うかもしれませんが、つまりはアプリゲームでいうリセマラです。ポケモンのステータスには、個体によってばらつきがあるので、リセマラをして、なるべくいいステータスのポケモンを選ぼう。ということです。ワンポイントアドバイスとしては、ソフトリセットが「Lボタン+Rボタン+スタートボタン+セレクトボタン」の同時押しで出来ることでしょうか。これを利用すれば、1週当たりの時間を節約できます。また、御三家については、動画のやり方と、少し違ったやり方を記事に書いていますので、僅かですが動画よりも、もっと時間短縮できると思います。

今作の御三家の厳選は時間がかかる!

御三家の厳選は、今回は1週当たりの時間が長くなってしまうので、やらなくてもいいかもしれません。しかし、バンク解禁の来年1月までに、GTSや卵のふ化を楽しみたい人は、卵を産めるメスの御三家の厳選をオススメします。また、ストーリーを急いで進めずに、寄り道等、色々なことをしながら、ゆっくりとストーリーを進めたい。という人にも、御三家厳選はオススメです。ストーリー中に、気が向いたら、アシマリ、ニャビー、モクローを増やして、GTSを楽しんだり、友達に配ったりできます。ただ、やはり時間がかかるというデメリットもあるので、チャレンジしてみて面倒だったら、やめてもいいと思います。クリア後にはメタモンが捕まえられるので、♂を選んでも取り返しのつかない事態にはなりません。

厳選の方法、まずはセーブポイントです。ネタバレを最小限に抑えて、分かりやすいように言えば、主人公が橋に落ちた後のタイミングでセーブしてください。その後、イベントを進めていくと、御三家に名前を付けるかどうかの選択肢が出ます。動画では名前を付けないを選んでいますが、そこで名前を付けるを選びましょう。すると、名前の隣に♂か♀かのマークが出ていると思います。まずはそこで性別を厳選できます。気に入らない性別の場合は、そこでリセットしましょう。その際、ソフトリセットが「Lボタン+Rボタン+スタートボタン+セレクトボタン」の同時押しで出来るので、それを使いましょう。気に入った性別が出た場合には、先に進みましょう。名前を付けたい場合には名前を付けて、名前を付けたくない場合には、空白のまま「おわる」ボタンを押しましょう。

更に進めていくと、御三家が手持ちに入ります。ここで御三家のステータスを確認しましょう。性別以外にこだわりの無いひとは、そのまま進めましょう。個体値や性格を厳選したい人は、気に入ったステータスでなければ、そのままソフトリセットでリセットしてください。納得できる性別や性格、個体値だと思ったら、すかさずレポートを書きましょう。これで次に進めます。1週の目安としては、性別のみが約8分、全てのステータスだと約10分くらいでしょうか。どちらにしても、根気が必要ですね。

サトシゲッコウガの厳選。一点もののポケモンにはこだわりたい

サトシゲッコウガについて、発売前は、性格が完全固定だという説が濃厚でしたが、どうやら性格のみランダムなようです。また、御三家のようにイベントを挟まないので、御三家よりも簡単に厳選作業を出来ます。また、厳選するのも性格のみなので、厳選初心者は、まず、このゲッコウガから厳選してみるといいかもしれませんね。

厳選の対象としては、素早さアップ、特防ダウンのむじゃきが一番でしょうか。妥協するとすれば、素早さか特攻がアップ、防御か特防がダウンする、むじゃきorせっかちorうっかりやorおっとり。この4つが辺りの範囲かなと思います。更に妥協するなら、対戦では使えないので、素早さにこだわる必要も無いのと、水手裏剣が特殊技になったので、特殊型もありになったので、特攻が下がらなければいい性格。というお手軽な厳選もアリですね。その基準だと、いじっぱりorわんぱくorしんちょうorようき以外の性格ならOKということになります。とはいえ、折角個体値の素早さも良く、努力値も素早さに極振りしてあるので、素早さは出来れば重視したいところですね。

厳選は、最初のポケモンセンターで行えます。御三家を受け取って、ちょっとストーリーを進めたあたりですね。御三家に比べてすぐに周回できますが、勢い余ってレポートを書かないように注意してください。やりかたは、まず、ポケモンサンムーンの体験版から本編にゲッコウガを送ります。その後、手持ちに二匹分(ゴンベの分)の空きを作ります。ここで、一回レポートを書いてください。ここでレポートを書くと、最短でリセマラできます。

次に、配達員に話しかけ、選択肢はポケモンを選びます。ここでの注意は、ゴンベと一緒に送った場合、先に送った方が優先されるので、ゴンベを受け取った場合には、ゴンベの厳選を済ませる必要がありますということです。ゲッコウガを受け取ったら、個体値を確認。納得できなかったら、すぐにソフトリセットしてください。ゲームを再開すると、またゲッコウガを貰えるようになっているので、これを繰り返して厳選します。

周回時間としては1分もかからないのではないでしょうか。ただ、くれぐれも、納得できないゲッコウガを受け取った後にレポートを書かないように気を付けましょう。

捕獲のスペシャリスト、本気を出すカビゴン、ゴンベの厳選

こちらは個体値まで厳選するかは悩みどころですが、やはり、性格は厳選した方がいいでしょう。カビゴンなことと、捕獲メインで運用することを考えると、妥協するとしても攻撃か防御か特防が上がって、特攻か素早さが下がる性格がいいでしょう。すると、絞られるのはいじっぱりorゆうかんorわんぱくorのんきorしんちょうorなまいき。この6種類になります。

ゴンベの場合、恐らく、わざを遺伝させることはできないでしょう。なので、個体値まで粘る意味もあります。しかし、そうしていると、長くて数日は時間を取られることになりなねないので、適当な所で妥協するのがいいと思います。私は性格だけで行こうと思います!

ゴンベのリセマラも、ゲッコウガと同じです。ゴンベの場合は体験版からではなく、タイトル画面からすぐのメニューの、「ふしぎなおくりもの」から受け取ってください。wifi環境が必要です。

あとはゲッコウガと同じ。配達員からゴンベを受け取って、気に入らなかったらすぐリセットの繰り返しです。こちらは色々な描写があるので、厳選時間はゲッコウガより多め。それでも2分前後あれば1周出来るでしょう。こちらも納得できないゴンベを受け取った後にレポートを書かないように気を付けましょう。

 - エンタメ, ゲーム, ゲーム実況, ポケモン, ポケモンサン・ムーン , , , , , ,